スズノブ

水田の広さと単位
日本人は現在、1人あたり年間約50キロ強のお米(白米)を食べています
これだけのお米を収穫するには、どれくらいの広さの水田が必要なのでしょうか

お米は精米の段階で1割ほど重さが減るので、60キロの精米は約67キロ分の玄米となります

水田の10アール(1000平方メートル)あたりの収量は約500キロですから、67キロのお米(玄米)を収穫する水田の広さは150平方メートルあまり(約45坪)となりますので、周りにある大きさで比較すると、テニスコートの半面よりやや大きいぐらいになります

水田の広さを表す単位は、歩(ぶ)、畝(せ)、反(たん)、町(ちょう)という言い方が、現在でも慣習として残っています
1歩(ぶ)は約3.3平方メートルで、1坪と同じ広さ、30歩で1畝(せ)、10畝(せ)で1反(たん)、10反(たん)で1町(町歩)です

歩(ぶ)は中国から入ってきた単位ですが、畝(せ)、反(たん)、町(ちょう)は日本独自のもので、いつ頃から使われていたのかは定かではありません。

町(ちょう)という言い方は「日本書紀」にも記されているので、かなり古くからあったようです。

豊臣秀吉の太閤検地の時に、それまで360歩(ぶ)を1反(たん)としていたのを300歩(ぶ)に改め、同じ頃に畝(せ)という単位が登場して、現在に至りました
ちなみに1人が1年間に食べる分の水田の広さ150平方メートルは、およそ「1畝15歩(1せ15ぶ)」にあたります

水田の広さの単位
1歩(ぶ) 3.3058平方メートル
1畝(せ) 99.174平方メートル 1アール 100平方メートル
1反(たん) 991.74平方メートル
1町(ちょう) 9917.4平方メートル 1ヘクタール 1万平方メートル
1畝と1アール、1町と1ヘクタールがほぼ等しいため
日本では メートル法への移行が楽だったとも言われています

Copyright:(C)2010 Suzunobu(T.Nishijima) All Rights Reserved.