スズノブ

水田はダムである
土石流・決壊・崩壊などの水害防止のうえで、水田が果たしている役割は、非常に大切だという事を知ってください。
水田は高さ30センチほどの畦(あぜ)に囲まれているだけで、浅くて広い池のような印象だと思いますが、実は台風・暴風雨・スコールの時には、その水田に一時的に畔の限界まで雨水がたまります。
この何でもない事が、実は地域をシッカリと水害から守っているのです。

日本には、庄内平野・関東平野など平野もありますが、国土の70%は山間地や急斜面が多いのが現実です。
その上、川も短く急で、勢いよく一気に海まで流れ出てしまうため、もともと洪水が起こりやすいのです。
したがって、雨水を一時的にためて、後からゆっくりと放水するダムと同じような働きをしている水田が、日本には大切なのです。
日本全国の水田が蓄える水の総量は、およそ81億トンで、日本各地に作られている治水ダムの貯水量の約3倍にもなります。

しかし、今、その水田が危機に面しています。
お米を作っても食べてもらえず、お米の価格も下がり続けていて、産地では、お米を栽培してくれる後継者が減り続けているだけでなく、水田を放棄してしまったり、田植えが出来ないまま荒れてしまった水田が出てしまっているのです。
このような水田は、既に雨水をためるダムとしての機能を失ってしまっているため、水害防止の役に立つことはできません。
水田がダムとして機能するためには、毎年使用されている水田でなければ成らないのです。

Copyright:(C)2010 Suzunobu(T.Nishijima) All Rights Reserved.