スズノブ

ブランドイメージを壊す産地直送米
よく消費者から「産直は安くて安全で美味しい」という言葉を聞く事があります。
確かに中間の流通を省略しているので、その分は安くなるのは自然かもしれませんが、お米に関しては、極端に産直の価格が安すぎる傾向があります。
消費者にとっては嬉しいことなのですが、このしわ寄せも、実は生産者に跳ね返ってしまっているということも、分かってほしいと思います。

生産者は、米屋に対して「今年はこれだけ苦労して栽培した」「ここまでこだわってみた」「こんな新しい肥料を水田に投入してみた」「思った以上に獲れなかった」「農薬を使用しないで作った」などと一生懸命説明をして、少しでも高くお米を買ってもらおうとします。
その大変さを少なからず理解した、または、理解した米屋も、その努力に合った価格をつけるように努め、消費者に対しても生産者のこだわりなどを説明するように勤めたりしています。

それなのに、生産者が行っている産直の価格が、スーパーなどの特売価格と同じだということが多々あるのです。
これはどういうことなのでしょうか。
米屋には高く売りつけ、自分たちは特売価格で安く売るというのでは、米屋は納得できるはずがありません。
生産者に問いただすと、「高いと販売しきれない」という回答が戻ってきたりすることがあります。
ということは、最初からその価格でしか販売できないようなお米を作っていたということなのでしょうか。
もしもそうなら、米屋に対しても消費者に対しても、大変失礼ですし、米屋に買ってもらうよりも、最初からスーパーに買ってもらうほうが、簡単に完売できるのではと思ってしまいます。
「自分は、販売方法を知らないから」と、言う生産者もいますが、「産直」をしているからには、「販売方法を知らないから」と言うことは出来ないはずです。

現在は情報社会で、インターネットも普及しているので、米屋でなくても産地の情報を手に入れることが簡単になりました。
産地の生産者は、この現実について、考えが甘いと思っています。
米屋もインターネットで、産地の販売価格などを参考にして、店頭販売価格を設定することもあります。
ところが産直をしており、それが既に特売価格で販売しているお米だったとしたら、同じお米を、消費地だからといって高く販売することは出来ませんので、結果的に、そのお米の販売を中止してしまうか、産直価格に近づくまで毎年下方修正が続いてしまうのです。
そして、この下方修正というのは、ものすごく印象が悪く、産地や品種、そのお米の付加価値など、全てに関してマイナスに働いてしまうのです。

さらに、現実問題として、「産直」と同じ価格で、そのお米を扱っている店が一軒でも出てしまうと、せっかく、「今年はこれだけ苦労して栽培した」「ここまでこだわってみた」「こんな新しい肥料を水田に投入してみた」「思った以上に獲れなかった」「農薬を使用しないで作った」などの大変さを少なからず理解し、それを伝えながら販売していた米屋も、価格競争に巻き込まれてしまい、産直価格にまで下方修正となってしまうのです。

販売価格が下がれば、取引価格が下がるのは当然のことです。
競争に負ければ、店頭から消えるのも当然のことです。
産直として自ら販売するのであれば、価格には、十分気をつけて欲しいと思っています。

Copyright:(C)2010 Suzunobu(T.Nishijima) All Rights Reserved.