★★★ 500kg限定 ★★★
知名度アップキャンペーン
10%引きでのご提供です


節減対象農薬:当地比5割減 化学肥料(窒素成分):当地比5割減
佐賀県JAからつ(佐賀松浦)・逢地(あうち)夢しずく

オリジナル米袋のデザイン
は、予告なしに変更される
ことがあります
産 地 佐賀県唐津市
地 域 唐津市(旧相知町)
生産者 あうちの里の米生産研究会(35名)
品 種 夢しずく
育 成 育 成 年:平成12年
育成場所:佐賀農試
来 歴 母(めしべ):キヌヒカリ
父(おしべ):ひとめぼれ
栽培内容 節 減 対 象 農 薬 :当地比割減
化学肥料(窒素成分):当地比割減
種子更新 毎年100%更新
施肥基準 JAからつ佐賀松浦特別栽培
品質向上技術 葉緑素計に基づく施肥、区分荷受け
網 目 1.85mm(大網目を使用することで出荷調整を大粒のみにしています)
色彩選別 あり(色彩選別機にかけることで、着色米や異物の混入を防いでいます)
食味値 80点以上(参考目標値)
タンパク値 6.3%以下(参考目標値)
千粒重 22.2g(目標基準値)
整粒歩合 80%以上(目標基準値)
栽培履歴 産地保管

産地情報
旧JA唐津市、旧JA松浦東部、旧JA佐賀松浦、旧JA上場が合併し、平成18年4月1日にJAからつ(唐津農業協同組合)になりました。
旧JA佐賀松浦は、標高50〜650mまでの中山間地にあり、厳木地区と相知地区からなります。
主にヒノヒカリ・夢しずくが栽培され、低タンパク米(食味が良いとされる)として有名です。
「あうち」は相知(おうち)町の名前の由来で、松浦川・厳木川が合流する地として人々が行き交い出逢う地…「逢う地」が相知になったようです。
佐賀県相知町にて栽培されたこのお米は「逢地(あうち)ヒノヒカリ」と命名され、その同じ農法で、この「逢地(あうち)夢しずく」は栽培されています。
お米の特徴
夢しずくは、「キヌヒカリ」と「ひとめぼれ」の交配によって生まれた品種で、ほどよい粘りと優れた味わい、食欲をそそるふっくらでつやのある光沢が高い評価を受けています。
新世紀の佐賀米作りへの「夢」と、朝露に濡れる稲の新鮮なイメージを「しずく」という言葉で表現し、米袋のデザインは、佐賀県厳木町出身の、風の画家「中島潔」さんのあたたかなイラストになっています
タンパク質含量と米の食味には密接な関係があり、低タンパクの方が食味が良いとされていることから、お米に含まれるタンパク質を減らすことで、お米が持つ本来の旨味を引き出そうとする、佐賀県独自の新しい農法で作られたお米です。
栽培者側では、タンパク質を下げる為に適期に肥料を施し、出来るだけタンパク質が上がらない様な管理をしています。
これが、美味しい米づくりで大切な事で、そのために出穂後15日以降は、チッソ(N)肥料を控えました。
ブランド基準
・相知は厳木川と松浦川が合流する地で豊かな水流に恵まれた産地
「15年に渡る低タンパク米の取組」
佐賀松浦カントリーでは、平成13年産から県内で始めて低タンパク米を荷受け区分し、14年産からは機械利用組合を中心に生産を拡大。
また、地域の特性を活かし「極低タンパク米」の生産に取り組む。
目指すタンパク含有率は、佐賀県の目標より0.5%落とした値。
その理由として、同一品種で0.5%のタンパクの差があれば、多くの人が美味しさ識別できるため。

逢地夢しずく(逢地の里の夢しずく)のタンパク含有率は6.3%以下(県基準6.8%)。
タンパクを低く抑えるために、登熟期間中の肥効を抑えられる砂壌土で栽培し、窒素施肥量を極力抑えている。

<砂壌土の特徴>
肥料が抜けやすいため、土壌中の窒素施肥料の調整がし易い。
そのため、米の美味しさを大きく左右する登熟期間中の水稲の過剰な窒素吸収を抑制できる。
肥料不足にならぬよう、作土層を深くし、有機質肥料(鶏糞)を施肥や、冬の間に稲ワラを土壌にすき込みを行う。

<基肥・穂肥の窒素施肥量>
逢地夢しずく(逢地の里夢しずく):5.1kg(砂壌土)
佐賀県夢しずく(県基準):8.0kg(砂壌土) 

<研究会全員参加による現地圃場巡回>
 1.穂肥診断による施肥量の調整
 2.出穂後に圃場ごとに葉色診断を行い、タンパクの多そうな葉色の濃い圃場がないかチェック
 3.収穫は、葉色診断の結果をもとに、タンパクが高いと想定される米は別荷受けとし、タンパクの低いもののみをこだわり米として厳選
品質へのこだわり
・収穫時期前の落水タイミングの見極めと厳守
・圃場を巡回調査し、収穫時期を見極め、早刈りにならぬよう刈取り時期を厳守
・カントリーエレベーター(CE)は、100tビン9基、50tビンが36基あり、
 特別栽培米と一般米が混入しないよう厳格な管理を行う
・DAG乾燥(除湿乾燥)方式により、火力を全く使わない米に優しい乾燥法の実施
 佐賀松浦カントリーエレベーター(天川ライスセンターで半乾燥後)
・CEで籾貯蔵し、出荷の都度の今摺り米なので、春以降でも食味の劣化が少ない
研究会について
Facebook:逢地の里
         https://www.facebook.com/逢地の里-1696306423936679/?fref=ts


米袋の違い(画像は別ブランド米のもので、イメージとして使用しています)

在庫処分 既成品平袋+ブランドシール
基本設定になっております
必要に応じて、袋を選んでください

スズノブ平袋
+ブランドシール
タイプ1

白米無地平袋
+ブランド印刷
タイプ2

キャンペーンのため、白米・玄米・無洗米の2kg・5kgとなっております。
1kg・分搗米・各キロ数の真空パック・極うまみ精米などにつきましては、通常のページからお求め出来ますが、通常価格となります。


ご購入
白米

分搗米
2kg 1,386円⇒1,247円(税込)   米袋タイプ1・2
5kg 3,465円⇒3,118円(税込)   米袋タイプ1・2
玄米
2kg 1,260円⇒1,134円(税込)   米袋タイプ1・2
5kg 3,150円⇒2,835円(税込)   米袋タイプ1・2
無洗米
2kg 1,448円⇒1,303円(税込)   白米2kg+無洗米加工62円 米袋タイプ1・2
5kg 3,620円⇒3,258円(税込)   白米5kg+無洗米加工155円 米袋タイプ1・2


Copyright:(C)2010-2017 Suzunobu(T.Nishijima) All Rights Reserved.