以前から、スーパーとの差別化などの理由もあって、生産者と米穀店とで一緒になってこだわり米を販売していく方法がありました。
しかし、消費地の変化、ブランド米の崩壊、流通の問題、温暖化のスピード、産地の衰退状況などを考えた時、今までの方法が悪いということではなく、もっと新しい考え方で「お米」を見直す必要があると感じたことで、SPRという考えを持ちました。

SPRとは、Suzunobu Project Riceの略で、生産者・地域農協・全農(経済連)・普及センター・農試センター・市町村・県・米穀店とが一体となって、今までの概念にとらわれず、自由な発想の元で、積極的に新しい栽培方法や銘柄米などにも取り組み、時代にあった新しいブランド化を目指していくことで、途切れてしまった農業の後継者を、もう一度育て上げていき、その結果、産地の活力を戻していこうと考えていて、将来的には、全ての産地の格差を無くし、産地イメージで消費者がお米を選ぶのではなく、自分の好みでお米を選ぶ、新しいお米の時代を作っていきたいと考えているプロジェクトです。

Copyright:(C)2010-2017 Suzunobu(T.Nishijima) All Rights Reserved.