今まで、お米についての情報や産地の活性化方法などの戦略につきましては、ほとんどボランティアで協力しておりましたが、お米の情勢が悪化しているという、厳しく難しい現状の中で、簡単には情報が発せられなくなってきてしまいました。
また、このような状況下の中では、一つの産地を活性化させるための戦略を考えるのに、膨大な時間と労力が必要となってしまっています。
そのため、やむ終えない方法として、情報を提供する場や受け入れる産地などについて、できるだけ絞り込みたいと考えております。
つきましては、2008年1月より、産地の活性化方法などの戦略につきましては、協力費を頂く事に致しました。

・出張の場合は50,000円+交通費等諸経費とさせて頂きます
(必要に応じて、請求書・領収書を発行致します)

しかし、既に体力が残っていない産地などもあるため、協力費につきましては個々との話し合いと致しますのでご安心ください。

Copyright:(C)2010-2017 Suzunobu(T.Nishijima) All Rights Reserved.