日本テレビ系列で放映されていた、大人気料理対決番組「どっちの料理ショー」の「和朝食VS洋朝食」で使用され大反響となった、スズノブの独自精米「極うまみ精米」は、お米ごとの特徴の違いを把握する事により、お米ごとに精米の仕方を微妙に変え、産地や品種の特徴を最大限に引き出す精米です

「美味しいご飯」と言われるためには、3つの大きなポイントがあります
1.生産者の栽培技術と管理
2.そのお米を精米する技術
3.洗米そして炊飯する消費者の技術です

 お米好きの皆さんは、1と3には当然関心があると思いますが、そんな皆さんでも2の「そのお米を精米する技術」については関心が無いと言うより、知らなかったと言った方が良いのではないでしょうか?
実は、精米を仕事とする人たちでさえも、意外と知らない人や忘れてしまっている人が多いのです
なぜならば、精米機の性能が非常に良くなり、スイッチ一つで精米をしてしまう、または出来てしまう様になってしまったからです

 お米というのは、産地の違いや品種の違い、生育経過の違いや天候の違い、そして栽培方法の違いなどで、どれ一つとして同じ物は無いのです
そして、そのお米ごとの特徴の違いを把握し、精米の仕方を微妙に変えなければ、産地や品種の特徴を引き出すことが出来ず、「美味しいご飯」と言ってはもらえません
●「極うまみ精米」の方法
1.まず玄米の段階で、機械のセレクターを使用して、ヒビが入った米を砕いて取り除くと共に、米粒の大きさを整えます
2.その大きさを整えた玄米を、産地の違いや品種の違い、お米の品質や保管状態、精米する日の天候などの全てを考慮し、精米する玄米に最適な圧力と流量を微調整して、小型精米機を使用し精米します
3.精米されたお米を、今度は機械のセレクターではなく、自分の手と目で確認しながらメッシュ2.1mmの手ふるいを使用し、精米時に割れてしまったお米をふるい落としていきます
割れたお米が全ていけない訳ではないのですが、少しでもその品種の特徴を出したご飯に炊き上げるためには、無い方が無難なのです
※本来ならもっと具体的にお教えしたいところなのですが、なにぶん企業秘密なので、簡単にまとめさせて頂きました
●「極うまみ精米」のお米
1.非常に手間と時間がかかるため、通常精米のお米より1kg100円加算されます
2.現在は、ほとんどインターネットで販売しています
3.この「極うまみ精米」は産地や品種の特徴を最大限に引き出してしまいますので、そのお米の作柄によっては、マイナスの特徴がでてしまう場合も、時としてあります

Copyright:(C)2010-2017 Suzunobu(T.Nishijima) All Rights Reserved.