節減対象農薬:当地比5割減 化学肥料(窒素成分):当地比5割減
新潟県JA佐渡・世界農業遺産(GIAHS)佐渡の郷コシヒカリ

オリジナル米袋のデザイン
は、予告なしに変更される
ことがあります
産 地 新潟県
地 域 佐渡市
生産者 北片辺地区生産者+朱鷺と暮らす郷づくり認証制度を達成した生産者
品 種 コシヒカリ
育 成 育 成 年:昭和31年
育成場所:福井農試
来 歴 母(めしべ):農林22号
父(おしべ):農林1号
栽培内容 節 減 対 象 農 薬 :当地比割減
化学肥料(窒素成分):当地比割減
種子更新 毎年100%更新
施肥基準 コシヒカリ栽培指導基準
品質向上技術 コシヒカリ栽培指導基準
網 目 1.85mm(大網目を使用することで出荷調整を大粒のみにしています)
色彩選別 なし(色彩選別機にかけることで、着色米や異物の混入を防いでいます)
食味値 80点以上(参考目標値)
タンパク値 6.2%以下(参考目標値)
千粒重 21.5g(目標基準値)
整粒歩合 70%以上(目標基準値)
栽培履歴 産地保管

産地情報
佐渡市(さどし)は、新潟県西部に位置する佐渡島全域を市域とする人口約5万6000人の市。
面積は854.76平方キロメートル、これは、島嶼部を除いた東京都(東京23区・多摩地域)の面積1791.47平方キロメートルの約48%にあたり、また大阪府の面積1897.86平方キロメートルの約45%に相当する。(ウィキペディアより)
お米の特徴
コシヒカリは、福井県で誕生した米の代表格です。
コシヒカリと 言う名前の由来は、 北陸地方の国々を指す「越の国」と「光」の字から「越の国に光かがやく」ことを願って付けられた名前であると言われています。
コシヒカリという品種は1つですが、コシヒカリという銘柄(消費者が買う段階の商品名)には、コシヒカリ(品種)と多数の品種を含むコシヒカリBLという品種群が含まれます。
現在、「新潟県産コシヒカリ」という銘柄は、9割以上がコシヒカリBLという品種群であり、コシヒカリ(品種)とは異なっています。
米の粘りが強く食味に優れる品種であるが、栽培上は倒伏しやすい、いもち病などに弱いなどの欠点も併せ持っている品種です。(ウィキペディアより)
世界農業遺産(GIAHS)について
「世界農業遺産」とは、国際連合食糧農業機関が立ち上げた正確なプロジェクト名は、「Globally Important Agricultural  Heritage Systems」。
頭文字を取って「GIAHS(ジアス)」と呼ばれている。
地域環境を生かした伝統的農法や、生物多様性が守られた土地利用のシステムを世界に残す目的で創設され、主に途上国に向けた支援策となっている。

日本は、先進国で初めて「世界農業遺産」の認定を受けた。
戦後、高度成長を遂げ、経済大国の仲間入りを果たして久しい日本において、農業の近代化と並行し、伝統的な農業・農法、農村文化や生物多様性、農村景観などがシステムとして保全されており、その維持に努めている地域が認められた。

佐渡においては、世界文化遺産の認定を目指す金銀山の歴史から継承される、多様な農文化とトキが棲める豊かな生態系を維持した里山と、生物多様性を保全する農業の姿が、世界的に重要で後世に引き継ぐべき農業システムとして認められた。

★佐渡が評価されたポイント
1.豊かな生態系
2.金銀山抜きでは語れない佐渡農業の歴史
3.独自に発展した佐渡の伝統的な農文化
4.トキの野生復帰活動を生んだ農業システム

よって、世界農業遺産(GIAHS)を活用した新ブランド米の考え方は、世界農業遺産の理念もある「農業の多面的機能」や、世界農業遺産そのものの価値を認めてもらうべく、お米のブランド化と、販売を通じて、消費者に対して発信していくことを目的としている。
1.ブランド名
世界農業遺産(GIAHS)佐渡の郷 ○○地域(※棚田地域を特定)

2.ブランドの目的
条件不利地の棚田地域で生産される米の高付加価値化、販路拡大を目的として、世界農業遺産の理念もある「農業の多面的機能」や世界農業遺産そのものの価値を米のブランド化、販売を通じてより具体的に発信する。
既存の朱鷺と暮らす郷は、トキをシンボルとして、農業が育む生物多様性を発信するとともに、品質・食味を重視するお客様にも受け入れられるブランド米として位置付け、この世界農業遺産(GIAHS)佐渡の郷は、農業農村地域が育む自然・景観、農文化、人の暮らしなどの多面的な価値やそれらを保全することに理解いただけるお客様に対して販路を広げていくブランド米として位置付ける。

3.ブランドの方向性
棚田地域限定のブランド米として、世界農業遺産の認定基準に沿った「こだわり」を「見える化」することで、棚田地域における苦労やこだわりのみならず、世界農業遺産の価値も含めてお客様(消費者)伝えながら販売が可能な販売店(米穀専門店)のみが扱えるブランドとする。

4.ブランド基準(こだわりの「見える化」)
・佐渡棚田協議会に加盟する集落等棚田地域限定

・生物多様性の保全は、営農を通じて動的に保全されている(農薬・化学肥料の地域慣行比5割以上の削減、生きものを育む農法の実施、生きもの調査の実施など)
・地域の農業と周辺環境が一体となった美しい優れた景観がある(ジオサイト・国重要文化的景観などに指定されている、景観に配慮した畦畔の除草、景観に配慮し
 た畦畔への草花等の植樹、はざかけ、特徴のある街並みが保全されているなど)
・地域の農業に関連した農耕祭事、神事等の文化が地域住民が主体となり継承されている(能・鬼太鼓などの神事が保存され、年1回以上、地域のまつりなどで演じ
 られている、地域に伝わる民話を継承しているなど)
・地域の農林水産業と観光、サービス業等他産業との有機的連携が図られている(観光協会などの観光関連団体と連携して、
 棚田景観や集落の価値を発信する活動を実施しているか)
・出荷する米は1等米のみとする

5.商流及び販売方法、価格について
・JA佐渡において区分集荷、保管して、卸が取りまとめた要望に応じた量を卸を通じて米穀専門店に販売する。
・見える化した世界農業遺産の認定基準に沿った該当地域の「こだわり」を販売する米穀専門店に提供する。
・販売する米穀専門店は、佐渡市と「世界農業遺産ロゴ(FAO)」の使用を定めた協定を締結して、当該ブランド米の販売を
 通じて世界農業遺産のPRを行う。
・加算金は朱鷺と暮らす郷の倍を最低基準とする

朱鷺と暮らす郷 世界農業遺産(GIAHS)佐渡の郷
佐渡市が生物多様性に配慮して生産された米を認証する制度で、更に品質・食味など販売基準を定めたブランド米で、近代化が進む農地を中心に栽培面積を拡大 条件不利地の棚田地域限定として、世界農業遺産の認定基準に沿った「こだわり」を「見える化」することで、棚田地域における苦労やこだわりやその価値、世界農業遺産をお客様(消費者)伝えるブランド米(認証制度ではなく、基本的には取扱店舗又は卸と佐渡棚田協議会による確認)
・トキがシンボル
・農業が育む生物多様性
 (生きものを育む農法)
・豊かな生態系を創造
・品質・食味も重視
・5割以下・8割以下

・生産者販売 可能
・米問屋 指定なし
・販売店 登録制(スーパー含む)
・販売袋 あり
・世界農業遺産がシンボル
・農業農村地域が育む自然・環境
・棚田地域限定
・世界農業遺産の認定基準に沿った 要件の設定
・生物多様性、里山景観、農文化、人の暮らし等多面的価値の保全
・5割以下・8割以下・はざかけ(※)将来的な取り組み

・生産者販売 不可
・米問屋 指定
・販売店 協定書締結(米穀店のみ)
・販売袋 なし(GIAHSシールあり)
・佐渡棚田協議会に加盟する北片辺農事法人組合が栽培する、北片辺地区限定に、平成26年産米からモデル的に実施する。
・佐渡島の北西地区で海岸に面した集落で、そこから標高約100〜200mの中山間地の棚田で栽培している。
・生産者数8人
・ほ場の区画は5〜30a
・大小合わせて合計5.4ha

・北片辺は、日本海に沈む夕日が田んぼを赤く染め、棚田の景色を一層幻想的に感じさせてくれて、四季折々の絶景が楽しめ
 る場所。
・海のミネラル分を豊富に含んだ潮風が稲体を丈夫にし、力強い根を張らせてくれる。
・誰もが知る「鶴の恩返し」のルーツはこの地と言われている。
 村で語り継がれていた民話の「鶴女房」を劇作家の木下順二が語り聞き「夕鶴」として発表されたことで全国に広まった。
・地元集落は、昔ながらの家々が残っているので、その地域の特色・魅力などを地域の住民自らがガイドとなり散策に訪れる
 観光客に発信している。


米袋の違い(画像は別ブランド米のもので、イメージとして使用しています)

スズノブ平袋

ブランドシール
タイプ1

白米無地平袋

ブランド印刷
タイプ2

雲竜柄真空平袋

ブランドシール
タイプ3

稲穂柄
真空ガゼット袋

ブランドシール
タイプ4

真空ガゼット袋
450g用

3色

紐付きクラフト袋
450g用
6色

アルミ蒸着袋
300g用

2デザイン各5色
お客様の写真から作る
オリジナル米袋


スズノブデザインから作る
オリジナル米袋


お客様の写真から作る
赤ちゃん米袋

真空ガゼット袋 紐付きクラフト袋 真空1kg袋
白米450g 525円(税込)
 
組合せ贈答について
白米450g 525円(税込)
 
組合せ贈答について
真空1kg 1,020円(税込)
 
組合せ贈答について 米袋タイプ4
アルミ蒸着袋 お試しパック
白米300g 390円(税込)
 
組合せ贈答について
白米300g×2袋(600g)+送料160円 700円(送料・税込)
   配送システム上、代引きは出来ません
お届け方法などが違います。ご購入前に必ずご確認ください

ご購入
白米

分搗米
1kg   900円(税込)   米袋タイプ1・2
1kg 1,020円(税込)   白米1kg+真空加工120円 米袋タイプ3
2kg 1,800円(税込)   米袋タイプ1・2
2kg 1,920円(税込)   白米2kg+真空加工120円 米袋タイプ3
5kg 4,500円(税込)   米袋タイプ1・2
玄米
1kg   818円(税込)   米袋タイプ1・2
1kg   938円(税込)   玄米1kg+真空加工120円 米袋タイプ3
2kg 1,636円(税込)   米袋タイプ1・2
2kg 1,756円(税込)  玄米2kg+真空加工120円 米袋タイプ3
5kg 4,090円(税込)   米袋タイプ1・2
無洗米
2kg 1,862円(税込)   白米2kg+無洗米加工62円 米袋タイプ1・2
2kg 1,982円(税込)  白米2kg+無洗米加工62円+真空加工120円 米袋タイプ3
5kg 4,655円(税込)   白米5kg+無洗米加工155円 米袋タイプ1・2

極うまみ精米
2kg 2,006円(税込)   白米2kg+極うまみ精米加工206円 米袋タイプ1・2
2kg 2,126円(税込)  白米2kg+極うまみ精米加工206円+真空加工120円 米袋タイプ3

Copyright:(C)2010-2017 Suzunobu(T.Nishijima) All Rights Reserved.