節減対象農薬:当地比5割減 化学肥料(窒素成分):当地比5割減
宮城県JA栗っこ 瀬峰農場つや姫

オリジナル米袋のデザイン
は、予告なしに変更される
ことがあります
産 地 宮城県
地 域 栗原市
生産者 JA栗っこ瀬峰地区
品 種 つや姫
育 成 育 成 年:平成20年
育成場所:山形県農試センター庄内
来 歴 母(めしべ):山形70号(山形40号×キヌヒカリ)
父(おしべ):東北164号(味こだま×ひしめぼれ)
栽培内容 節 減 対 象 農 薬 :当地比割減
化学肥料(窒素成分):当地比割減
種子更新 毎年100%更新
施肥基準 JA栗っこ 環境保全米栽培ごよみ
品質向上技術 土壌分析に基づいた土づくり、スコア法を用いて堆肥を審査し、基準値を満たした堆肥のみを施用
葉色判断による適正な肥培・水管理
網 目 1.9mm(大網目を使用することで出荷調整を大粒のみにしています)
色彩選別 あり(色彩選別機にかけることで、着色米や異物の混入を防いでいます)
食味値 −点以上(参考目標値)
タンパク値 −%以下(参考目標値)
千粒重 −g(目標基準値)
整粒歩合 −%以上(目標基準値)
栽培履歴 産地保管

産地情報
JA栗っこは、県の北西部に位置し、仙台市から中心部の栗原市築館地区までの距離は63kmで、東は登米市、西は秋田県、南は古川市、北は岩手県に隣接しています。
地形は、北西部に栗駒山(標高1,638m)を主峰とする奥羽山脈が縦走し、その支脈の東南には丘陵地帯が連なり、林業及び畜産の主産地形成がすすめられています。
一方、中央部から東部・南部にかけては、栗駒山南麓の三つの渓谷から迫川、二迫川、三迫川が東へ流れ広大で肥沃な栗原耕土を潤し、「日本一のおいしい米」の主産地を形成しています。
お米の特徴
明治時代に本県庄内町(旧余目町)で阿部亀治氏が育成した水稲品種「亀の尾」は、品種改良の交配親として盛んに用いられ、その良食味性が「コシヒカリ」や「はえぬき」に引き継がれています。
この本県育成品種である「はえぬき」は、平成3年に育成され、収量・品質が安定していることから、いもち病に弱く倒れやすかった「ササニシキ」に代わり、瞬く間に県の主力品種に駆け上がりました。
しかし、全国的に「コシヒカリ」の作付けが拡大していく中で、生産者からさらなる良食味品種が求められてきたことから、極良食味系統の開発が急がれました。
そこで、平成10年から「つや姫(山形97号)」を山形県立農業試験場庄内支場(現 山形県農業総合研究センター農業生産技術試験場庄内支場)において育成しました。
育成期間を短縮するために、暖房した世代促進ハウス内で冬期間も栽培しました。
また、ほ場での栽培では苗を一本ずつ植え、病気に強いか、収量が穫れそうか毎日観察しながら選抜しました。
育成世代の早い段階から実際にご飯を炊いて食味試験を行いました。
こうして、10万分の1の確率で選抜された本県オリジナル品種「つや姫(山形97号)」は、「亀の尾」の良食味性を引き継いで誕生しました。
(山形県つや姫HPより)
ブランド基準
環境保全型農業推進コンクールで農林水産大臣賞を受賞
環境保全型農業推進コンクールとは、有機農業をはじめとする環境保全型農業の確立を目指して意欲的に経営や技術の改善に取り組み、農村環境の保全活動を通じ地域社会の発展に貢献している農業者や、それらの取り組みの普及・拡大に貢献した団体等を表彰し、その成果を広く紹介して環境保全と農業に対する国民の理解を深めるとともに、環境保全型農業の面的拡大に資するようコンクールです。

●募集対象
(1)意欲的に経営や技術の改善に取り組み、農村環境の保全を通じて有機農業をはじめとする環境保全型農業の発展に貢献し、創造性があり地域的な影響力をもつ農業者・農業集団・農業団体・自治体等
(2)農業者・農業集団・農業団体・自治体等との連携・交流を通じ、積極的に有機農業をはじめとする環境保全型農業の普及拡大に貢献し、農業・農業集団・農業団体・自治体等の取り組みを支援する流通・消費関係団体等
(3)都道府県単位または都道府県を超えて広域的に農業者・農業集団・農業団体・自治体等の取り組みを支援するなど、有機農業をはじめとする環境保全型農業の普及拡大に貢献している流通・消費関係団体等
エコせみね米
1、「エコ・せみね米」は、地域内の畜産農家と稲作農家が連携し、稲ワラを牛が餌として食べ、牛の糞を稲ワラと混ぜ合わせ、何度も切り返し(混ぜ合わせる)を行い優良な完熟堆肥を作ります。
その完熟堆肥を田んぼに施すと、豊饒な土壌が出来ます。
豊饒な土は、作物の自然に由来する生命力を発揮させ、病気にかかりにくく、作物本来のうまみを出します。
この、完熟堆肥を、各自が勝手に作るのではなく、宮城県・栗原市・JA栗っこの三者がスコア法に基づき審査を行い、合格した堆肥に限り「エコ・せみね米」に使用することができます。
農家の皆さんで組織する「瀬峰地区循環型農業推進会議」が中心になって生産を行っています。
2、その上、宮城県が行っている「みやぎの環境にやさしい農産物認証・表示制度」における 農薬・化学肥料を慣行の1/2以下で栽培する「農薬・化学肥料節減栽培」を行い、県の確認を受けたお米です。
3、尚かつ、一等米は当然のこと、食味分析器によるタンパク含量等を厳選して極良食味米だけを「エコ・せみね」ロゴマークを貼
り、「エコ・せみね米」として、限定販売しております。
循環型農業とは
牛のたい肥を何度も切り返しをし、完熟たい肥にして、農地に還します。
そうすると豊饒な土ができ、作物本来の自然に由来する生命力が発揮され、病気などに強くなります。

【堆肥(肥料)の検査】 良質堆肥の要件(県・市・JAが審査)
@3回以上切り返しをし完熟した堆肥
A堆肥の判定基準のスコア法で70点以上の堆肥

【ロゴマーク】
一定の基準に基づいて栽培された農産物には、このマークが張られ ‘せみねの米や野菜’ である事を消費者のみなさんにお知らせします。
http://www.kurikko.or.jp/pdf/business_sale01.pdf


米袋の違い(画像は別ブランド米のもので、イメージとして使用しています)

在庫処分 既成品平袋+ブランドシール
基本設定になっております
必要に応じて、袋を選んでください

スズノブ平袋
+ブランドシール
タイプ1

白米無地平袋
+ブランド印刷
タイプ2

雲竜柄真空平袋
+ブランドシール
タイプ3

稲穂柄真空ガゼット袋
+ブランドシール
タイプ4


真空ガゼット袋 紐付きクラフト袋 真空1kg袋
白米500g 461円(税込)
 
白米500g 461円(税込)
 
真空1kg 802円(税込)
 
アルミ蒸着袋 お試しパック
白米300g 324円(税込)
 
白米300g×2袋(600g)+送料160円 569円(送料・税込)
   配送システム上、代引きは出来ません
お届け方法などが違います。ご購入前に必ずご確認ください

ご購入
白米

分搗米
1kg   682円(税込)   米袋タイプ1・2
1kg   802円(税込)   白米1kg+真空加工120円 米袋タイプ3
2kg 1,364円(税込)   米袋タイプ1・2
2kg 1,484円(税込)   白米2kg+真空加工120円 米袋タイプ3
5kg 3,410円(税込)   米袋タイプ1・2
玄米
1kg   620円(税込)   米袋タイプ1・2
1kg   740円(税込)   玄米1kg+真空加工120円 米袋タイプ3
2kg 1,240円(税込)   米袋タイプ1・2
2kg 1,360円(税込)  玄米2kg+真空加工120円 米袋タイプ3
5kg 3,100円(税込)   米袋タイプ1・2
無洗米
2kg 1,426円(税込)   白米2kg+無洗米加工62円 米袋タイプ1・2
2kg 1,546円(税込)  白米2kg+無洗米加工62円+真空加工120円 米袋タイプ3
5kg 3,565円(税込)   白米5kg+無洗米加工155円 米袋タイプ1・2

極うまみ精米
2kg 1,570円(税込)   白米2kg+極うまみ精米加工206円 米袋タイプ1・2
2kg 1,690円(税込)  白米2kg+極うまみ精米加工206円+真空加工120円 米袋タイプ3

Copyright:(C)2010-2017 Suzunobu(T.Nishijima) All Rights Reserved.