スズノブ

ご飯は太る?
ダイエットの方法として、お米やパンなどの炭水化物を食べない、炭水化物を大幅に減らすという「炭水化物抜きダイエット」というのが、少し前にはやりましたが、結果すとしては。「十分な根拠がないため、低炭水化物ダイエットを推奨することも、これに反対することもできない」という結果となり、話題も消えて行ってしまいました。

ダイエットの基本は、使うエネルギーと食べたものから摂るエネルギーのバランスをとること。
つまり、お米やお肉とかではなく、食事全体量のカロリーの大きさで、太るか痩せられるかが決まるということです。

栄養バランスからいうと、お米などの炭水化物は、身体にとって欠かせない栄養素で、毎日一定量摂る必要があります。
またお米は、炭水化物は肉類や魚などのたんぱく質食品に比べると脂質が少なく、生活習慣病を予防したり、胃腸に負担がかかりにくいというメリットもあります。エネルギー(カロリー)で比較しても、たんぱく質と炭水化物は1gあたり4kcalで同じ、脂質は1gあたり9kcalです。

よって、現代の栄養学としては、日々の食事では、炭水化物・たんぱく質・脂質の3つの栄養素は欠かしていはいけないというのが、基本となっています。

それでは実際に、どのくらいお米などの炭水化物を食べるのが良いのかというと、一日に摂りたいカロリーの50〜70%程度は、炭水化物で摂ることが推奨されているそうです。
つまり、一日1800kcalを目安とするのなら、900〜1260kcalは炭水化物から摂るのが栄養学上理想的ということになります。

その量をご飯に換算すると、ご飯2〜3膳(一膳あたり約150〜200kcal)という事になりますので、一日3食のご飯類を食べても、量的には全く問題ないということです。
2013.06.19更新

Copyright:(C)2010 Suzunobu(T.Nishijima) All Rights Reserved.