スズノブ

稲はどこから?
一般的に、作物の原産地を探す場合は、栽培されている植物と、近い親戚関係にある野生種が一番多く発見された場所が、原産地であると考えられるそうです。

この考え方からすると、稲の起源は、ブラマプトラ川やメコン川、揚子江の上流域、アッサム(インド北端)・雲南(中国南部)の丘陵地帯の、水辺の地域が有力と推測されており、最初は、水辺に生えている野生種を集めて食べていたのではと言われています。

しかし、稲は古くから栽培されている作物のために、栽培されてから再び野生化してしまった種もあるなど、いろいろな説があり、まだ良くわかっていないのが現状です

Copyright:(C)2010 Suzunobu(T.Nishijima) All Rights Reserved.