スズノブ

お米を研ぐ理由と注意点
昔は精米技術は悪く、精米されたお米でも、まだヌカが付いていたり精米不足というものも多かったので、手のひらでゴシゴシという研ぎ方(再精米)をしていました。
今の精米技術はかなり進んでいて、米穀店の精米機でさえも無洗米に近づいているので、手のひらを使ってゴシゴシと研ぐ必要はありません。
米粒表面の、酸化した部分や付着しているヌカだけを落とす程度で十分です。

飲食店で一度に研ぐ量と、一般家庭で一度に研ぐ量は、基本的に違うことから、量に合わせた研ぎ方に変更しなければなりません。
・1升以上の場合(飲食店)
・5合〜1升までの場合
・1〜5合までの場合(一般家庭)
研ぐときの工夫
冬場の時期は、やはり手荒れが酷くなる場合があることから、お米を研ぐのを嫌がる人が多いですが、お米は研がないと美味しさが出ないものです。
そこで市販されている、指が太くて(摩擦が強く、均一にできる)、薄手の手袋を使用するとよいでしょう。
(例:100円ショップの使い捨て手袋)
・水が冷たくない
・手荒れが無い
・付け爪、マニュキュアを取る必要が無い
・化粧水の臭いが、お米に移らない
・お米の摩擦を均等にすることが出来る
・繰り返し使えて、1枚で1か月程度使用できる
冷やされたお米の利点
(スズノブでは、お米はチャック付きの保存袋に入れて、冷蔵庫の野菜室で保存するようにおすすめしています)
冷蔵庫で冷やされたお米は、米粒の表面が締まっているため、米粒の上に付いているホコリが、米粒の上に浮いている状態となっていて、直ぐに洗い落とす事ができます。
・米粒の表面が湿気を帯びていないので、ヌカも米粒から、直ぐに、綺麗に剥がれ落ちる。
・米粒の表面が締まっているため、研ぎ過ぎてしまう事が無い。
・米粒が冷やされていた事で、お米を研いでいる時でも、ほとんど吸水体制に入っていない。

Copyright:(C)2010-2017 Suzunobu(T.Nishijima) All Rights Reserved.