スズノブ

お米の食べ比べ
お米を食べ比べると簡単に言いますが、食べ比べをしたことが無い人からすると、どうやって食べ比べをするのか判らないと思います。

お米は通常、穀粒判別器・新鮮度判定装置・米粒食味計・炊飯食味計・生籾食味計、さらには、DNA品種判定装置などを使って品種の米粒の良し悪し、美味しさ・特徴などを判定していますが、人間の感覚にも頼り、●外観●香り●味●粘り●硬さの総合評価によっても、機械では出ない人が食べた直接の美味しさの判定などもしています。

しかし、これらの評価も、その年の天候によっても栽培方法によっても大きく違ってしまうことから、自分の好みや家族の好みに合ったお米を探すための情報としては、半分程度しか頼りにならないので、結果として、自分が実際に食べてみて、自分なりに決めなくてはなりません。

ところが、一般家庭で複数の炊飯器を使い、同時にご飯を炊いて食べ比べをすることは現実問題として出来るはずがありません。
そこで必要になってくるのが、《自分の好みと、家族の好み》をしっかりと把握しておくことです。

食べ比べの方法ですが、産地と品種をシッカリと確認してください。
お米の特徴は、外観(見た目・ツヤ)・粘り具合・硬さ(柔らかさ)・香り・味(甘さ)の5項目が基本的な特徴となりますので、これらの特徴を1つずつ評価していくのです。
評価する場合は、基準が必要となるのですが、それについては、自分が求めているイメージでも良いですし、今まで食べていたお米の特徴を参考にしてもかまいません。
正式にこの評価が出来れば最も良いのですが、そこまでの精度を、一般的には要求しないことなので、家庭では「特徴に違いがあることを知る」ためだと考えてください。

食べ比チェック表
氏 名   チェック日 年  月  日
産 地 道 府 県         産 精米年月日 年  月  日
品 種  
栽培方法  ● JAS有機米  ● 特別栽培農産物   割減
 ● その他(                        )
今まで食べていたお米の特徴を「基準」として、個々の特徴について判断していきます
※ 基準とは、今まで食べていたお米や 自分が求めている特徴をイメージしたお米
見た目
(概観・ツヤ)
艶があったり、美味しそうに見えれば「良い」となります
良い
基準 悪い
粘り 噛んでいるときに、粘りを強く感じれば「強い」となります
強い
基準 弱い
柔らかさ 口当たりがソフトに感じれば「柔らかい」となります
柔らかい
基準 硬い
弾力 米粒のを噛んでいるときに、米粒のツブツブ感を感じれば「ある」となります
ある
基準 ない
香り 食欲をそそる香りなどが感じれば「良い」となります
ある
基準 ない
甘さ 口の中でご飯の甘さを強く感じれば「強い」となります
ある
基準 ない
今回のお米を食べてみて、最も印象に残った特徴を1つ選んでください
見た目(概観・ツヤ) ・ 粘り ・ 柔らかさ ・ 弾力 ・ 香り ・ 甘さ
5点満点評価は、個々に評価をしてください
したがって「満足感」5点、「不足感」1点という場合もあります
食べている時や
食べた後の満足感
5点満点中   点
一言コメント
食べている時や
食べた後での不足感
5点満点中   点
一言コメント
冷めたご飯の美味しさ 5点満点中   点
一言コメント
今回のお米で「食べたい料理」や「おかず」を記入してみてください
料理によってお米を変える(品種によって向き不向きがある)ときの参考になります
合うと思う
料理やおかず
     
 
Copyright:(C)2010-2017 Suzunobu(T.Nishijima) All Rights Reserved.