スズノブ

米は親戚同士
美味しいお米を作るために、いろいろな品種を掛け合わせることはご承知の通りで、現在作られている多くのお米は、実は明治時代に作られていた、当時の美味しいお米の代表である「旭」と「亀の尾」という2品種の血を引く親戚同士です。

「コシヒカリ」は、この2つの品種の血を引いていますし、「ササニシキ」も、親である「ハツニシキ」は「コシヒカリ」の兄弟で、もう一方の親の「ササシグレ」も「旭」と「亀の尾」の子孫です。

山形県の「はえぬき」や、九州の「ヒノヒカリ」、東北の「ひとめぼれ」や「あきたこまち」も、みんな「コシヒカリ」の血を引いています。

Copyright:(C)2010-2017 Suzunobu(T.Nishijima) All Rights Reserved.