スズノブ

日本に最初に伝わったお米
今からおよそ2400年前、弥生文化が始まるきっかけとなった最初のお米は「赤米」だったと言われています。
赤米が作られていたころ、お米は大変なご馳走だったため、古代人はこれを神に供え、祝い事のときにだけ食べていたそうです。

赤米よりおいしい白いお米が作られるようになっても、その風習は残っています。
今でも祝い事の時には、小豆やささげで赤く染めた「赤飯」を炊きます
赤 米は今でも、奉納米として、数ヶ所の神社で作られていますが、そのほとんどは明治の中頃以降、白米の水田を荒らす雑草として駆除されまいました。

古代人は始め、野生のお米を集めて食べていたようですが、もっと効率よく手に入れたいと考えて、「タネ」である米を集めて、栽培するようになったようです。
こうした点から、野生のお米があり、しかも人間が住んでいた地域でお米の栽培が始まったと推測されます。

その条件を揃えているのが、今のネパールからバングラデシュミャンマーを通って中国の雲南省までの地域だと言われています。
お米が栽培されるようになった時期は、はっきりとは判っていませんが、中国の揚子江の下流の7000年前の遺跡から発見された稲がもっとも古いと言われています。

Copyright:(C)2010-2017 Suzunobu(T.Nishijima) All Rights Reserved.