スズノブ

余ったご飯の保存
以前の炊飯器から比べると、飛躍的に保温技術がよくなったことから、一番簡単で便利なご飯の保存方法として、炊飯ジャーで保温している家庭も多いと思います。

保温時間については、炊飯器の説明書を確認してもらいたいのですが、6〜42時間までと、炊飯器の性能やタイプによって異なっていますが、やはり説明書に書いてある保温時間の、おおむね半分程度と考えて使用する方が間違いないと思います。

なぜ説明書通りでは駄目なのかというと、炊飯器の中に残っているご飯の量であったり、品質であったり、研ぎ方であったりと、個々に違いがあるためで、炊き上がりの美味しさを求めるのであれば、説明書の半分程度で考えておく分には、極端に食味が下がっていると感じることは少ないと思います。

保温していて、水っぽくなってしまったり、柔らかくなってしまったと感じる場合は
・保管中や研いでいるときに、お米が割れている。
・炊く時の水の量が多かった。
・むらしが長すぎた。
・ほぐしをしていなかった。
・保温温度が低かった。
・お米が柔らかめな特徴を持っていた。
などの原因が考えられます。

艶が無くなったり、ボソボソになってしまった、食感が悪くなってしまったと感じる場合は、
・炊く時の水加減が少なかった。
・お米が乾燥して水分が無くなっていた。
・品質が劣化していた。
などの原因が考えられます。

ご飯が黄ばんでしまったり、匂いが出てきたと感じる場合は、
・お米が劣化している。
・お米が古米である。
・保温時間が長すぎている。
・長時間保温が出来ない炊飯器のタイプである。
・炊飯器が古くなっている。
などの原因が考えられます。

ちなみに、黄ばみが出たり、特有の匂いが出たりして、味が落ちていったりするのは、お米のデンプン質が変化してしまうのが原因なのです。
冷蔵庫での保存
残ったご飯をジャーで保温するのではなく、冷蔵庫で密閉容器に入れたり、ラップに包んで保存方法があるのですが、数日間冷蔵庫へ入れておくと、デンプンがどんどん老化していき、ご飯が硬くなるだけでなく、味も落ちてしまいますので、その日のうちに食べきってしまうのであれば、炊きたての美味しさは無くなってしまっていますが、問題なく食べられると思います。
しかし現在では、あまりお勧めしていません。
冷凍庫での保存
残ったご飯を保存するのに、最も効果的で長期の保存が出来るものとして、冷凍庫に入れる保存方法が提案されています。

まだ暖かいご飯を、おにぎりのように丸く握るのではなく、切り餅のように平たく、ご飯粒を潰さないように、ラップの上に広げてから、潰さないようにラップでくるみます。
冷えた蒸気がラップについて、それが温めたときにご飯に戻らないように、まだ暖かいうちに、そのまま冷凍庫で急速冷凍らせて、食べる時に電子レンジで暖めるだけです。
(ラップではなく、1膳ごとの密閉容器を使用しても良いです)

ご飯の下に、銀色のトレーやシワシワにしたアルミホイルなどを引くと、通常の冷凍方法よりも、より急速に冷凍が出来ますので、他の冷凍品に影響を与えず、効果的な保存が出来ます。

注意することは、冷気の噴出し口に近づけすぎないことや、凍りついた物にくっつけないことで、接している面が、冷凍焼けを起こす場合があります。

食べるときは、自然解凍ではなく、凍ったままのご飯を電子レンジに入れて解凍してください。

Copyright:(C)2010-2017 Suzunobu(T.Nishijima) All Rights Reserved.