スズノブ

1俵、1石などの単位
 百万石の大名というように、昔はお米の収穫量が(石高)が領地の広さや経済力を示していました
実はこの「○○石」とは容積を表す単位で、昔はお米の量を、重さではなく容積で表していたのです

「石」より小さな単位いは「斗(ト)」「升(ショウ)」「合(ゴウ)」などがあり、一斗樽、一升瓶、一合徳利などは、今でも馴染みの深い言葉です

日本の歴史に登場する最も古い記録は、1300年近く前(701年)に制定された大宝律令、「量、十合為升、三升為大升一升、十升為斗、十斗為石」と記されていて、この頃すでに10合で1升、10升で1斗、10斗で1石とする単位が、定められていたことがわかります

枡の大きさが全国的に統一されたのは江戸時代初期のことで、寛文9年(1669年)に統一令がだされ、一升枡は方4寸9分(1寸は3.03センチ。分はその10分の1)、深さ2寸7分、容積64.827立方分(1.804リットル)と定められたのです
江戸幕府は、江戸と京都に「枡座(ますざ)」を置き枡の製作と販売、そして違法な枡の取締りを行わせました
それから300年以上の間、1升枡の表す容積は、まったく変わらずに現在に至っています
また米俵については、古くは平安時代に5斗で1俵とするという記録が残っています
全国的に統一されたのは明治時代の末で、4斗で1俵に、現在は重さに換算して1俵60キロに統一されています

お米の単位
 
  1合 =約150g =0.1804リットル(約180cc)
1合の10倍 1升 =約1.5kg =1.8039リットル
1升の10倍 1斗 =約15kg =18.039リットル
1斗の4倍 1俵 =60kg
1斗の10倍 1石 =約150kg =180.39リットル

Copyright:(C)2010-2017 Suzunobu(T.Nishijima) All Rights Reserved.