節減対象農薬:当地比−割減 化学肥料(窒素成分):当地比−割減
山形県置賜・はえぬき

オリジナル米袋のデザイン
は、予告なしに変更される
ことがあります
産 地 山形県
地 域 置賜
生産者 JAおきたま
品 種 はえぬき
育 成 育 成 年:平成3年
育成場所:山形農試庄内支場
来 歴 母(めしべ):庄内29号
父(おしべ):あきたこまち
栽培内容 節 減 対 象 農 薬 :当地比割減
化学肥料(窒素成分):当地比割減
種子更新 毎年100%更新
施肥基準    
品質向上技術  
網 目 1.85mm(大網目を使用することで出荷調整を大粒のみにしています)
色彩選別 あり(色彩選別機にかけることで、着色米や異物の混入を防いでいます)
食味値 −点以上(参考目標値)
タンパク値 −%以下(参考目標値)
千粒重 −g(目標基準値)
整粒歩合 −%以上(目標基準値)
栽培履歴 産地保管

産地情報
置賜地方は、山形県の南端に位置し、3市5町(米沢市・南陽市・長井市・高畠町・川西町・白鷹町・飯豊町・小国町)で構成されています。
山形県総面積の27%を占め、南に吾妻連峰、西に飯豊、朝日の山並み、東に奥羽山脈が連なり、山岳・連峰に抱かれた盆地形に平野が広がっています。
国道13号線と113号線が縦横に走り、宮城県や新潟県、福島県を結ぶ要衝の地であり、中央と最短で結ばれる山形新幹線は、おきたまの米沢、高畠、南陽の駅に停車します。

おきたまの水田で基盤となっているのは、水稲の生育に適した「グライ土」や「灰色低地土」。
また、"米沢牛"や"乳牛"の飼育も多く、良質な堆肥を利用した土づくりと資源循環型農業に取り組んでいます。
山形県の母なる川「最上川」の源流を抱く置賜盆地。
二千メートル級の山々に囲まれ、冬の間に降り積もった雪は、春になると雪解け水となり、おきたまの大地を潤してくれます。
また、白川・水窪・長井の3つのダムにより安定した水量を維持し、おいしいお米の育つ環境をととのえています。
JAおきたまHPより
お米の特徴
「はえぬき」は米の王国 山形県で生まれ育ったオリジナル。まさに「生え抜き」。
大きく飛躍しつづけることを願って名づけられました。

◆山形生まれ!
米どころ山形で生まれた「山形はえぬき」は、ササニシキやコシヒカリなど日本を代表するおいしい米の血を受け継ぎ、さらにうまい米づくりに欠かせない豊富な日照時間と昼夜の気温差に恵まれた山形独特の気候風土の中で育ちます。

◆粒がしっかり
お米の粒がしっかりしているので、炊き上がった時のご飯の顔がとってもハンサム。形が崩れず、ベチャベチャ感、ネバネバ感もありません。
米の旨味と適度な水分をご飯粒がしっかりと保ち、ひと粒ひと粒、おいしく炊き上がります。

◆歯応えと甘味
「山形はえぬき」は、現代人の嗜好によくマッチしたお米です。
ふっくらと炊き上がり、しかも、心地よい歯応えと甘味があります。
噛めば噛むほど口の中に広がるお米本来のおいしさは冷めても変わりません。お弁当にもおすすめです。

◆炊きやすい!
ご飯の炊き上がりは水加減が生命。でも、米粒の表面がしっかりしている「山形はえぬき」なら安心です。
水加減への対応力に優れているから、少しぐらい水加減を間違えても大丈夫。
いつでもふっくらとおいしいご飯が炊き上がります。
(http://www.zennoh-yamagata.or.jp/i/haenuki.html#whatより)

ご購入
白米
1kg 495円(税込)定価より10%引き  白米1kg+真空加工120円

Copyright:(C)2010 Suzunobu(T.Nishijima) All Rights Reserved.